領事・安全情報 - 在ウラジオストク日本国総領事館 


領事・安全情報



査証・入国審査等



1.ロシア連邦に入国する際には査証が必要です。査証取得手続きは居住地にあるロシア連邦大使館若しくは総領事館に申請します。また入国後、滞在期間を延長することは原則的に出来ないので、あらかじめ日程を確定して申請し、査証取得の際には申請内容と同一の査証が発給されているか確認することが必要です。なお、観光及び短期の滞在の場合は、通常、入国日が明記された査証が発給されますが、入国日だけが記載された査証の場合は、入国後に出国査証を取得することが必要です。

列車で移動する際、乗り継ぎに列車の切符を取得していなかった等で乗り継ぎがうまくいかない事から、出国の期限までに出国できず、規則違反でトラブルとなることがあります。一般的に予約なしでの切符の購入等は困難で、さらに、急なホテル確保は非常に難しいといえます。必ず予約された切符を取得しておくとともに、時間的に余裕のある計画を立てる必要があります。

2.出入国審査は長時間待たされることがあります。審査官は英語をほとんど解さない上、旅券、社用、人物等の審査が慎重に行われます。なお、ウラジオストクでも、航空機の遅延、オーバーブッキング等で空港での乗継がうまくいかないことがあります。ロシアへの入国査証を取得していない旅行者は、その場合、空席がある便を待つ間の1~3泊、無査証者用のホテルで外出も出来ずに待たされることになります。乗り継ぎに際しては時間的に余裕のある便を選ぶことが肝要です。

3.入国時には税関で、金額により外貨と荷物(個数と、貴金属や楽器、武器などの有無)の持込について申告する事が必要です(注:外貨持込に当たっての注意事項参照)。申告書には検察官の検印スタンプを必ず受けます。なお、この申告書は出国する時に必要で、また、滞在中に紛失しても再発行されないので、出国するまで大切に保管する必要があります。

出国時には、入国の際と同様の申告書に、入国時の申告額から滞在中に使用した額を差し引いた額(及び他の所持物品)を記入することになります。このため、出国時の税関に対しては、出国のための申告書に、入国時の申告書を添えて係官に提出することになります。

なお、ロシアでは、税関検査は依然厳しく、スーツケースなども開けて調べられることがありますが、この申告制度をめぐってのトラブルが頻発しています。申告が必要なのに申告せずに税関を通過しようとして拘束された事件では、拘置所に収容されるなどの厳しい処置を受けたケースもあります。過去、ウラジオストクにおいても、空港で所持金額を申告書に記載せずに税関申告した日本人旅行者が、所持金及び貴重品を没収される事件が発生しております。また、虚偽の申告をして、係官から検査を求められた際に、申告外の外貨や貴金属が発見された場合は、全て没収されるとともに、逮捕され裁判にかけられることもあります。さらに、入国時の申告で、検察官が検印スタンプを押してくれなかったため、出国時に無申告として取り扱われたケースもあります。所持品については、音楽家が入国時に持込を申告しなかった楽器を、出国時に持ち出し禁止とされた事例があります。

トラブルを防ぐために、入国時も出国時も申告は正確に行い、また、入国時の申告の際は、検査官が必要ないと言っても必ず検印スタンプを押してもらうことが重要です。さらに、貴金属の申告については、トラブルを避けるため、身に付けているものについても一つ残らず申告することが必要です。

なお、出国時の検査でトラブルが発生した場合は、出国を延期する方が賢明です。例えば、持ち出しが禁止された金品をとりあえず税関に預けて出国してしまうと、その後返還される可能性は非常に低いといえます。

4.持ち込み禁止品は、武器、弾薬類、麻薬・覚せい剤等・無効となった紙幣と有価証券、ポルノ写真(雑誌)、その他当局が政治的経済的に有害とみなす印刷物・原稿・写真・絵画・テープ等及び動植物です。

持出し禁止品は、骨董品、美術品(古書、イコン、絵画等)、楽器類です。これらのうち、1945年以前に製作された骨董品、美術品、楽器類の持出しの際には、文化省の許可と関税支払いの証明書が必要です。滞在中に購入したものは、出国時に領収書をいつでも提示できるようにしておくとよいでしょう。

~「出入国カード」制度導入のお知らせ~

2003年1月3日より、外国人の合法的及び非合法的滞在の管理のため、「出入国カード」制度が実施されておりますが、本制度の概要は、以下の通りですので、十分ご留意下さい。

1.ロシア国内に3日以上滞在する外国人(下記2.を除く)には,出入国カードの携帯が義務づけられます。本カードを保有しない場合、不法滞在となり、強制退去を含めた行政処分の対象となります。

2.現在、マルチ・ビザを有して、ロシア滞在中の外国人は、ロシアより出国しない限り、新たに出入国カードを申請する必要はありませんが、ロシア出入国の度に、出入国カードを記載する必要があります。

3.航空機、鉄道、バスで入国する場合、出入国カードは機内(車内)で配布されます。

4.出入国カードは1枚の書類ですが、上下(入国用と出国用)で切り離すようになっており、上部は外国人の入国時に国境警備局において保管され、下部はロシア滞在中にわたり外国人が保管し、出国時に国境警備局に提出します。

5.出入国カードに記載する項目は以下の通りです。全てロシア語表記となっていますのでご注意下さい。 (1)氏名(2)生年月日(3)性別(4)旅券番号(5)国籍(6)滞在目的(7)滞在中の連絡先(8)滞在期間(9)署名

6.当該出入国カードを紛失した場合は、滞在先を管轄する移民局(外国人査証登録所)で、必ず、再発行手続きを行って下さい。

7.2005年10月より、ロシア語表記のみの出入国カードが導入されています。

~外貨持込に当たっての注意事項~

2005年7月31日より、「外貨規制及び外貨管理に関するロシア連邦法」が改正され、外国人の外貨送金及び外貨持ち出しについての規制が下記の通り変更になりましたので、ロシアに渡航・滞在する予定の方は、十分ご留意願います。なお、入国の際の外貨持ち込み申告は正しく行うことが無用のトラブルを避けることになりますので、引き続き注意が必要です。

1.規制対象通貨等
・ 外貨
・ 有価証券(国内外を問わず)
・ ロシア連邦通貨
・ 旅行小切手

2.持込時の規制概要   合計10,000米ドル相当額以上の対象通貨等をロシア国内に持ち込む際には、税関申告が必要。   (例:外貨3,000米ドル相当と旅行小切手8,000米ドル相当を持ち込む場合)

3.持出時の規制概要 (1)ロシア連邦への持込み又は送金を確認する税関申告書その他の書類がある場合、右書類に記載された範囲内で対象通貨等を持ち出すことができる。 (2)1回の出国につき、10,000米ドル相当以下の現金(外貨及びロシア連邦通貨)を持ち出すことができる。この場合は、右現金を持込み、送金を受け、又は国内で取得したことを証明する書類等の提出を要しない。

※ 合計額が10,000米ドル相当額を超えていなくても、税関申告を行うことはできます。持込み時に超えていなくても、持出しの際に10,000米ドル相当額を超えることが予想される場合には、税関申告をしておくほうが良いでしょう(以下3.(1)参照)。

(3)1回の出国につき、3,000米ドル相当を超える現金(外貨及びロシア連邦通貨)を持ち出す場合には、当該持出しに関して税関に申告しなければならない。

※  (1)と(2)の規制は重複しません。例えば5,000米ドル相当の現金を持ち込んだことを証明する税関申告書がある場合は、(1)に基づく5,000米ドル相当の現金と、  (2)に基づく10,000米ドル相当の現金は重複せず、合計で15,000米ドル相当まで持ち出すことが可能です。    (内訳)     5,000米ドル ~ 持込時の税関申告書に基づくもの((1)対象分)

10,000米ドル

~ 証明書類等なく持出し可能なもの((2)対象分)

15,000米ドル

(4)1回の出国につき、10,000米ドル相当を超える旅行小切手を持ち出す場合には、当該持出しに関して税関に申告しなければならない。

4.改正法の施行直後は、若干運用面等に混乱が生ずることが予想されますので、あわせてご留意下さい。

(問合せ先)

外務省海外安全相談センター : 電話(代表) (03)3580-3311(内線)2902
外務省海外安全HP : http://www.anzen.mofa.go.jp/


震災後も日本で勉学に励む留学生の「生の声」
その他リンク

Vladivostok, Verhne-Portovaya st., 46. Tel.: +7 (423)226-74-81, 226-75-02
Visa: +7 (423) 226-75-73, 226-75-58. Fax: +7 (423) 226-75-41, 226-75-78
E-mail: jpconvl@vl.mofa.go.jp
Copyright © Consulate-General of Japan in Vladivostok
法的事項
アクセシビリティについて
プライバシーポリシー