デルカチ・カムチャツカ国立大学通訳・第二外国語学部助教授に対する平成30年度外務大臣表彰伝達式の実施

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
 外務省は平成30年度外務大臣表彰として,次の個人への外務大臣表彰を決定し,11月19日,及川惠子在ウラジオストク日本国領事から同氏の御令嬢(同氏代理,同氏は遠隔参加)に対し,表彰状が伝達されました。

氏名:デルカチ・アレクサンドル
役職:ヴィートゥス・ベーリング名称カムチャツカ国立大学通訳・第二外国語学部助教授
功績:ロシアにおける日本語教育の普及

 外務大臣表彰は,多くの方々が国際関係の様々な分野で活躍し我が国と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献をしている中で,特に顕著な功績のあった個人及び団体について,その功績を称えるとともに,その活動に対する一層の理解と支持を国民各層にお願いすることを目的としています。

 デルカチ・アレクサンドル助教授は,カムチャツカ国立大学における日本語研究・教師の第一人者であり,1994年から日本語教師として教鞭を執り続ける傍ら,4冊の参考書を含む30本以上の日本語文法に関する論文を執筆されるなど日本語教育の推進に大きく貢献しています。このような功績を踏まえ,日本とロシアの友好親善に寄与するこれまでの助教授の活動に対し,外務大臣表彰の受賞が決定されました。