中村総領事より御挨拶

2020/4/3
総領事写真
 当館ホームページを訪れていただきありがとうございます。在ウラジオストク日本国総領事の中村耕一郎です。
 ウラジオストクでも春の訪れが日に日に感じられます。私にとっては,この地で2回目の春となりました。
 今年から日露地域交流年が始まりました。また,2月28日には日本航空(JAL)が,3月16日からは全日本空輸(ANA)が成田・ウラジオストクの定期路線を就航させる等,日本とロシア,特に日本とウラジオストクの交流の促進にとって良いスタートを切ることができました。
 しかし,同時に中国の武漢市に端を発した新型コロナウィルス(COVID-19)の感染が世界的に急激に拡大してしまいました。そのため,日本でもロシアでも感染の拡大を全力で防止することが最優先課題となっています。
 その結果,残念ながら,日本とロシア,日本とロシア極東地方,日本とウラジオストクとの交流は,しばらくの間お休みとなってしまいました。しかし,この問題はいずれ解決し,このような困難な時期はいずれ終わるはずです。日本とロシア,日本とウラジオストクとの間には,交流が一層拡大するための固い基盤が着々とできあがっています。また平常に戻ったときには,両者の間の交流と協力関係が再び活発化し,急激に拡大していくものと信じています。
 これまでも在ウラジオストク総領事館にとって,当地における邦人の安全の確保を最も重要な任務と考えてきました。現在新型コロナウィルスの感染が拡大する中,私どもとしてはこれに最大限の努力をしていく所存です。当地に滞在される日本人の方で,お困りのことがありましたら,お気軽に総領事館にご相談ください。
 では,この困難な問題が克服され,ウラジオストクに,そして世界に本当の「春」が来るのを待ちましょう!
 
2020年4月
在ウラジオストク日本国総領事
中村耕一郎