「第5回 日本の秋」登録事業の募集について

2020/9/8
 本年秋(9~12月)、当館では「第5回 日本の秋」という事業を実施することを計画しています。同事業は、各機関が同期間内に当館管轄地域内で開催する日本関連文化行事を、もし希望があれば、当館に事前に登録していただき、「日本の秋」の枠組みで当該文化行事を開催していただくものです。
 当館では、皆様に登録いただいた行事をリスト化し、当館ホームページ上に公開し、取りまとめた形で広報を行います。また、同枠内で開催される文化行事に対する各種協力や当館SNS等を用いた広報も可能な限り行います。
 「日本の秋」として日本文化行事を一連の枠組み内で開催することにより、広告の効果を高め、これまで以上に多くの参加者を呼び込み、当地住民の日本文化に対する関心を高めたいと思っておりますところ、ご協力をよろしくお願いいたします。
 また今回の「日本の秋」では「Путешествие в сердце осенней Японии.(秋の日本の心への旅)」をスローガンとしました。新型コロナウィルスの流行により、全世界において様々な側面で大きな影響が出ているところではございますが、こうした困難な状況に置かれつつも、心の中でだけでも日本に旅をするような気分で皆様に日本の文化に触れていただき、両国間の友好の距離を縮めていただけたらという思いからこのようなスローガンを定めました。
 また、こうした趣旨を踏まえ、今回の「日本の秋」ではオンラインによる事業を歓迎し、また当館のSNSにて、写真やビデオを用いて事業の事後広報を行うなど、新型コロナウィルスの影響等により直接会場に来られない方にも日本文化に親しんでもらえる工夫をしたいと考えています。つきましては、事業の実施後においては、可能であれば事後広報のための写真やビデオ(3分以内)を提供いただきたいと考えています。
 さらに、別紙の通り感染症対策措置を定めました。申請者には当該措置に従うことを誓約いただき、措置に従っていないことが判明した場合は、認定の取り消し及び場合によっては公表する可能性があることに同意していただくことが事業認定の条件となりますのでご留意ください。
 
 つきましては、「日本の秋」事業へ申請いただける場合は別添の
・申請書
・誓約書
の送付をお願いいたします。申込みいただいた後、「日本の秋」の認定事業とするかどうかの審査をさせていただきます。
また、日本の秋の実施期間中は随時申込みを受け付けます。新たに事業が認定された場合は、事業リストを随時更新いたします。
 
 なお、本年及び2021年は、日露両国で「日露地域交流年」が実施されております。「日本の秋」認定事業につきましては、「日露地域交流年」への申請もご検討いただけたらと思います。
 
【担当・連絡先】
在ウラジオストク日本国総領事館 広報文化班 羽賀、山名
 電話: +7-423-226-74-81
 メール:takuya.haga@mofa.go.jp takeshi.yamana@mofa.go.jp