「第5回 日本の秋」の開催について(プログラム一覧の更新)

2020/10/8
poster
 当館、対日友好団体等が一丸となり開催する日本文化フェスティバル「日本の秋」が今年も始まりました。  「日本の秋」は、9月~12月にかけて実施します。皆様、お気に入りの行事を見つけてご参加いただき、日本文化に対する理解を深め、「日本の秋」を楽しんでください!  なお、このページの末尾に行事一覧及びポスターを掲載します。行事一覧は随時更新いたします。
 
 【中村総領事よりご挨拶】
 親愛なる皆様!
 第5回「日本の秋」開催するに当たり、御挨拶申し上げます。
 在ウラジオストク日本国総領事館は、毎年秋、ロシアの対日友好団体、日本企業と協力して、「日本の秋」と名付けた日本文化フェスティバルを沿海地方、マガダン州及びカムチャツカ地方において開催し、これらの地方の皆様に対して様々な日本文化を各地で紹介して参りました。昨年は、「日本の秋」の枠組みで総計60件の行事が実施されました。
 本年も9月から12月まで「日本の秋」を開催いたします。
 本年は新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大が発生し、そのため、日本やロシアだけでなく、世界中の国々でこれまであまりに数多くの文化行事が中止又は延期になりました。これは、ウイルスの感染の拡大防止のために必要であり、やむを得ない措置でした。しかし、その一方で、その間の私たちの生活から重要な要素の一つが、生活の彩りや潤いが失われることとなりました。私たちの生活にとって文化が必要であることが改めて実感されたかと思います。
 幸いにも、当地において、展覧会が、博物館が、劇場が、映画館がといったように各種の文化活動が、衛生防疫条件を遵守することを条件として、少しずつ再開され始めました。私たちといたしましても、当館管轄地域の沿海地方、カムチャツカ地方、マガダン州の皆様の文化的生活を少しでも豊かにするよう、本年も「日本の秋」を開催することといたしました。
 現在は両国間の行き来が一時的に制限され両国の交流が困難な状況が続いていますが、皆様に心理的にだけでも日本に旅をするような気分で日本の文化に触れていただき、両国間の友好の距離を縮めていただけたらという思いから、第5回「日本の秋」では特別にスローガン「Путешествие в сердце осенней Японии.」を定めました。
 さらに、現在我々が置かれた状況に鑑み、皆様に安心して参加していただくために、「日本の秋」の事業として認定される条件として、すべての行事は、各地地方政府が定める新型コロナウイルス感染防止のための衛生防疫条件を完全に満たすことを求めました。また、日本で感染防止のために励行されている「三密」回避の工夫もできるだけ取り入れました。また、多くの方々に日本の文化に触れていただけるように、新たにオンラインでの行事も実施していきます。参加者や各事業の主催者の皆様におかれましても、感染対策第一に徹底した上でご参加いただきたいと思います。
 どのような難しい状況の下であっても、人は文化なしでは生きていくことはできません。また、文化活動を通して、人と人の心が結ばれます。「日本の秋」の様々な活動を通して、日本とロシアの間の友情と相互理解を更に強めていきたいと考えています。是非、数多くの行事に参加していただきますようお願い申し上げます。そして、日本の文化に対する関心が一層高まることを期待しております。
 現在の困難な状況はいずれ終わります。現在、一時的に途絶えてしまった日本との往来もやがて再開します。日本はロシアの隣、日本海やオホーツク海のすぐ向こう岸です。この「日本の秋」では「日本の心」に旅をしていただき、そして来たるべき近い未来には実際に日本を訪れて、「日本の秋」で触れた日本の文化を皆様ご自身でもう一度確かめてみてください。
 それでは、「日本の秋」をお楽しみください!